エクセル 条件 に 合う データ を 抽出。 【Excel】複数条件でデータを抽出する(SUMPRODUCT関数)

データ に 合う 抽出 条件 エクセル を

💙 2MATCH関数の結果を確認する MATCH関数の結果として、セルI3に「3」と表示されました。 3つ目の条件に該当していた場合には、「一般会員」という文字を表示させたいわけですから、「一般会員」という文字をキーボードで入力します。 問題点は、最初に 「No. 【エクセル時短】第42回では、このような「 クロス抽出」を関数の組み合わせで実現するテクニックを紹介します! クロス抽出でVLOOKUP関数をどう使う? ここでは例として、以下のような表を用意しました。

8
「勤務状態」のフィールドにも、VLOOKUP関数を入力 このような複雑な手順で 最初に出現 した「青島一郎」と 2番目に出現した 「青島一郎」は 異なるデータとして検索することで、 VLOOKUP関数の "最初に条件に合致したものしか抽出しない" という欠点を回避します。 VLOOKUP関数で条件に合うものを "抜き出して表示" 条件に合うデータが "1つ" しかない場合であれば、 VLOOKUP 関数を使って条件に該当するデータを抜き出すことができます。
データ に 合う 抽出 条件 エクセル を

😈 引数 「配列」に "表全体"を指定• 答えは「NOT関数を追加する」です。 通し番号使ってもいいです。 一致する行がないときは、[一致しない場合の値]が返されます。

13
下図は、G4セルの数式を使っています。 FILTER関数を使えば、 条件に合うDATA(行)を別の場所に抜き出すことができます 今までも、表(リスト)から 条件に合うものを表示させる方法にはいくつかありましたが、どの方法も使いにくい点がありました。
データ に 合う 抽出 条件 エクセル を

⚠ 検索条件にワイルドカードを指定 G2に、「ふじ」を含む商品名の、金額を抽出する式を入力します。

5
構文は以下のとおり。
データ に 合う 抽出 条件 エクセル を

😎 この他たくさん活用方法があると思いますが、ひとまず思い浮かばないのでこのくらいにします。 複数条件でデータを抽出するときは「SUMPRODUCT関数」と「INDEX関数」• 3-3.関数の分類を「すべて表示」に変更し「COUNTIF関数」を選択します。

また、「沖縄県」の「女性」だけなどといった複数の条件を満たす人のリストや、「北海道以外の人」、「年齢が何歳以上の人」などの抜き出しも可能です。
データ に 合う 抽出 条件 エクセル を

👊 (画像をクリックすると拡大表示します) 表からデータを検索して抽出したい場合、VLOOKUP関数を利用することが多いが、検索対象のデータが表の1列目になければ対応できない。 3つ目のパターンは、 条件 会員区分 ポイント数が200未満 一般会員 です。 数式がシンプルなものになります。

13
関連する関数• 上の表は出張の実績を一覧化したものです。 さらにROW関数で行数を掛けてあげると 複数条件に合致するデータの行番号が返ってくるというものです。
データ に 合う 抽出 条件 エクセル を

☘ 条件を満たすレコードが複数存在する場合は、エラー値を返す DGET関数は、複雑な検索条件を指定して値を抽出することができますが、条件に一致するレコードが複数ある場合は、エラー値 「 NUM! 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されるので、[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 著者プロフィール 京都大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業後、NECでユーザー教育や社内SE教育を担当したのち、ライターとして独立。

18
Office2013・2019および以前のバージョンのOfficeでは表示されませんのでご注意ください。 100以上だったら の各条件について、 ことごとく該当していない場合について、今設定しようとしているわけですから、 現時点で 「100未満」ということが大前提になっています! ということは、わざわざ「相原さんのポイント数が100未満だったら」という 条件は設定する必要無し! というわけで、100未満だった場合にどう表示させるのかだけを設定すればいいことになるので、「非会員」という文字をキーボードで入力します。
データ に 合う 抽出 条件 エクセル を

👋 つまりLARGE関数の次にNOT関数を追加するということで、これで判定が反対になり「含めない」条件になります。

「OK」をクリック 選択したフィールド(項目)のみを表示する FILTER関数は 通常1行(レコード)を抽出するので、 全てのフィールド(項目)が表示されます。
データ に 合う 抽出 条件 エクセル を

☣ 「VLOOKUP関数」同様に件数が増えれば下にコピーしていくだけで同じ関数の指定を引き継いで表示することが出来ます。

作業列を使う 2• 「SUMPRODUCT関数」のまとめ• そしてINDEX+MATCH関数を使う時、一般的にはここにMATCH関数を入れます。 DMAX,DMIN関数の詳細な使い方は をご覧ください。