オクラ 摘葉。 オクラ栽培ってどうやるの?失敗しない育て方~5つのポイント~

摘葉 オクラ

☮ ベランダ菜園にチャレンジしたい方にもおすすめできます。 摘葉することで、養水分を上の若い葉の方に回すことができ、次々と実をつけて収穫が長く続きます。

8
さらに着莢、莢伸びが悪くなって収量・品質とも低下するので注意が必要である。 土寄せと追肥 オクラは肥料を良く吸収する野菜です。
摘葉 オクラ

❤ ・追肥が遅れたり土壌の乾燥が激しかったりした場合には草勢か弱くなりやすい。

1
2 注意を要する生理障害 1 いぼ果 ・莢の表面にいぼ状の小突起が発生したものをいぼ果という。
摘葉 オクラ

😭 優しくポットから苗を外し、植え穴に入れ周りの土を寄せて軽く手で押さえます。 ・デメリットは草丈が高くて節間が長く、収穫に手間がかかることである。 光線の透過をよくし、下位葉に光が当たるようにすると、着果と側枝の発生が促進され、莢色の濃いものが収穫できる。

5
メモ オクラは蕾も食べることが出来ます。
摘葉 オクラ

👈 6 畝立て、マルチ ・畦の高さは排水を考え高畦にする。 また、欠株時の補植用に予備苗を育苗しておきます。

1
植え付け方・・・畝に2列ずつ、15~20cm間隔に植え穴を作り植え付ける。
摘葉 オクラ

🍀 8.収穫 1 収穫適期と収穫方法 ・生育が順調であれば播種後65日頃より収穫が始まる。 栄養豊富な夏野菜 オクラは栄養豊富で夏野菜として人気です。 ・肉厚で、15~20gで収穫しても硬くならず、収益性がよい品種。

12
プランター栽培の場合、元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されている がおすすめです。
摘葉 オクラ

🤘 直接畑に種をまく直まき栽培もできますが、収穫時期を長くするにはタネをポットまきにして、気温が上がったらすぐに植え付けられるように準備しておくと良いですよ^^ 直まきする場合は気温が十分に上がる5月中旬以降にタネをまくのがおすすめです!早すぎると温度が低く発芽しなかったり、低音障害をおこすことがあります。

5
植え付けの2週間前に、苦土石灰を1㎡あたり100gまき、深さ30cmくらいまで耕しておく。 直まきは株間25~30cm、条間45cmあけ、空き缶などで蒔き溝を2cmつくり6粒均等にまきます。