アンゴルモア の 大王。 ノストラダムス予言の「アンゴルモアの大王」の意外な正体

大王 アンゴルモア の

😉 あやしげな覆面の手下(使徒)を従えるが、大王自身の装束はもっと怪しく、オンナスキーに「変なメーテル」と呼ばれた。

その神はノストラダムスの表現だとアンゴルモアの大王。 もっとも、これでは依然として意味不明だ。
大王 アンゴルモア の

👆 アナグラムの仕方には、のようにMongolians を導き出すものもあったが 、いずれにしてもそこで出てくる「モンゴルの大王」は、「大」すなわちの再来を思わせる人物の出現と解釈されていた。

5
出典:wikipedia. 世界一有名な予言者と称しても差し支えないのが16世紀フランスのノストラダムスだが、その彼のもっとも有名な予言はというと、やはり次の四行詩ではないだろうか。 これは、眠っている大王が 目覚める。
大王 アンゴルモア の

⚓ - 悪の軍団のリーダー)• つまり、1999年 7 月に恐怖の大王がやってくる。 彼は田中智学の国柱会の会員であり、思想の基礎は日蓮主義よる「世界の統一」であった。 あるいは、直接的に地球温暖化を指摘しているかもしれない。

5
大王 アンゴルモア の

🍀 の『予言集』に登場する言葉(本記事で説明)• 「悪の秘密組織」を名乗りながら、使徒たちを含め、特に悪いことはしていない(ファーザー殺害は除く)。

10
彼らは過激に天皇への忠誠を誓う言葉を残しているが、鷲が思うに、彼らの天皇は「世界の王」である【 アンゴルモアの大王 】である。
大王 アンゴルモア の

⌚ ただし、モアはその資格を持っておらず、あくまで真似事とのこと。 つまり太平洋戦争とは、米国ロックフェラーと日本国内のロックフェラー派日本人が協力して、ロスチャイルド日本を破壊し、日本をロックフェラー日本に創り変えるために起こした戦争である。 これは佐藤守氏の説。

16
しかし、だからといって無視されて良いものでもないだろう。
大王 アンゴルモア の

🤚 これは16世紀の刊行直後から語られていることで、以下の通りです。 ロボットとは? それはさておき、性能は単体最強級のユニット。

その後、「恐怖の大王」の解釈どころかこの詩自体に触れる論者がほとんどいなくなる。 【 世界の王 】とはノストラダムスの諸世紀の10章72番で「アンゴルモアの大王」と「恐怖の大王」という言葉で表現されている。