時計 ベルト 調整。 ピン方式の時計ベルト調整方法【写真解説】

ベルト 調整 時計

🖕 普段、着用している時計はどうでしょうか?指が入る余裕のないベルトや、ゆるすぎて時計が回る状態のベルトなら、再調整が必要です。 挿入するときは、必ず抜いた側とは逆の側から、ピンの割れ目を叩く形で入れるようにして下さい。 ただし、高級な時計、傷をつけたくない時計に関しては、時計修理専門家に頼むことをおすすめします。

16
大学卒業後、金融業界の片隅で働いています。 ベルトを固定する時には、なるべく動かないように固定してください。
ベルト 調整 時計

🤞 購入店か、時計修理専門店へ依頼すれば調整してもらえます。 この時、ペンチで引っ張り過ぎて板ピンが曲がらないようにして下さい。 スライドさせて、サイズを調整する。

10
あると便利なサイズ調整用工具セット 時計ベルトのサイズ変更を自分でするなら、専用の工具セットを揃えておくと便利です。
ベルト 調整 時計

😍 自分の腕周りサイズに合わせ、複数のコマを同様に外します。

5
最後に、ピンをしっかり当ててハンマーで打ち込めば完成です。 小さな部品ですから細かい物を触る作業が苦手な方では作業は難しいです。
ベルト 調整 時計

❤ 購入店に依頼する際には、購入時のレシートや保証書を持参しましょう。 ピン抜きする方法は書いてあるウェブは多いですが、ピンを差し込む方向、力加減を書いてあるウェブはここだけでとても参考になりました。 現在は、「ネジ止め式」と「ピン止め式」が主流です。

8
【2】「ピンタイプ」は、どのような種類のピンが入っているかで、抜き出す方法が微妙に違う場合があります。 多数の時計をお持ちの方には費用面でお得になる。
ベルト 調整 時計

😊 ただし、ゆる過ぎると時間が見にくかったり、何かに引っかかって時計を破損する原因になるので注意してください。 ピン止め式の調整方法と必要工具・工具の料金 まずは、ピン止め式のバンドを調整する際に必要な工具について、紹介します。

ここで使用する工具• 多くの時計店では国産ブランドと海外ブランドで調整料金に差をつけています。 シーリングタイプの調整方法 シーリングバンドは画像のように縦に5列もあるようなバンドだったり、高級時計などによく使われているタイプです。
ベルト 調整 時計

🙃 それと破損した場合に修理が出来ない場合があるのも理由の一つ。 バンド裏に抜き出す方向を示す矢印がついれば、矢印方向に抜き出しますが、まれに矢印の付いていないものもありますので、そのときは、割れている方を先に抜き出すようにします。

5
ちなみにはじめにブレス2. 板ピンを抜く際は、ペンチで板ピンを曲げないようにお気を付けください。
ベルト 調整 時計

👌 内容は、押し出しピン、ベルト調整作業台、プラハンマーの3点です。

20
cリングタイプは抜く途中で少し細目のピン抜き棒に変える 1. お急ぎではないお客様は是非 メールでのお問い合わせをご利用くださいませ。 また、ベルトのコマはすべて外せるわけではありません。