ムラタ 多賀城。 マカロンが有名な人気店MURATA(カズノリムラタ)に行ってきた。絶品マカロンやケーキのメニューも写真付きで紹介します。

多賀城 ムラタ

😍 クリームブリュレは、注文後に焼いてくれるが、ばりっとしたカラメル、バニラビーンズの効いた濃厚でまろやかなプリン、これもおいしかった。

13
手前が期間限定のココナッツパイン味とバジル&トマト味。 MURATA(カズノリムラタ)について MURATAは、 1968年にSHISEIDOという店名で宮城県多賀城市に誕生しました。
多賀城 ムラタ

🐲 電車で行く場合は、JR仙石線「多賀城駅」から徒歩10分程度。 MURATAのマカロンは、クリームの味だけでなくアーモンドの風味までしっかりと感じることができます。

11
車で行く場合は、仙台東部道路「仙台港北IC」から10分程度。
多賀城 ムラタ

🙃 地方のお店でありながら東京のお店と肩を並べて競い合えるというのは、MURATA のポテンシャルあって成せる事だと思います。

13
でも気持ちを切り替えて、今出来ることをスピーディーにまとめて実行し、震災からなんと4か月後というハイスピードで再びお店をオープンさせたそうです。 クルミのタルト?もアーモンドの下にたっぷりのくるみのクリーム、タルト台はさっくり、これも好み次第だなあ。
多賀城 ムラタ

💕 本記事の最後にMURATAの通信販売について紹介しています。 でも甘いお菓子は人を幸せにします。

5
ショコラ&カシス:フランス産ヴァローナ・チョコレートを使用• これはムラタシェフがそのハーモニーや食感になるように計算されて作られています。
多賀城 ムラタ

😒 黒胡麻 麻炭:麻炭とマイクロペーストの黒胡麻クリームを使用 1個200円程度と決して安くはないのですが、沢山あるフレーバーがどれも美味しいので、 いつも沢山買ってしまいます。 その当時の様子がシェフのブログで紹介されていますが、その行動力の早さと実行力はなかなか出来るものではないと思いました。 パティシエの研究熱心ぶりが分かる。

20
オーナーシェフの言葉からも、ケーキ1個1個に対する情熱が伝わってきます。 以前のシセイドウ時代のケーキ。
多賀城 ムラタ

💖 写真の上の方、MURATAの店名の横にマカロンのオブジェがありますね。 地震と津波により、宮城県多賀城市も大きな被害を受け、ムラタシェフのお店や厨房は水に浸かり、全滅だったそうです。

13
ココナッツ:ファイン・ココナッツとディロン・ラム(最上級のフランス産ラム酒)使用• アーモンドの女王と呼ばれるスペイン産マルコナ種のアーモンドホールを100%使用し、粉末にする際の回転数や時間を長年研究し続け、大きい粒と微粉末のベストな割合をチェックしながら、えも言われぬ繊細な香りと食感の極上マカロンを作りだす、まさにマカロンの天才だと思います。
多賀城 ムラタ

😇 あとは、スペシャリテのマカロン。 でもハマったら幸せ!そんなマカロンです」と書かれてありました。

1
この写真は、休日の14:00頃に行った際の写真ですが店外に行列ができていました。 名前も変わって、定番のケーキとマカロンはさらにおいしく、サービスもよくなって、いろいろ研究し続けているようだし、宮城のケーキと言えばやはりパティスリー カズノリ ムラタ。