ひき ふ ね 図書館。 世田谷区立図書館

ふ ね 図書館 ひき

👏 既にあるリソースを最大限に活用することで、図書館の存在意義が問われる現状を変えていきたいです。 たった15人でどうやって年間60ものイベントを実施しているかというと、タイトルにある「つなぐ」です。 ワークショップで課題本をその場で読み、参加者で 気づきをシェアします。

8
1.ライブラリー・ファシリテーター養成講座開講 次世代のパートナーズメンバーを育成するための 養成講座を我々が自らカリキュラムを作り、 企画運営しました。
ふ ね 図書館 ひき

💙 3130398 開館日カレンダー. ここもポイント!~障害者向けサービスも充実 さまざまな障害がある方のために、音訳資料や拡大写本、点字図書を作成し、提供しています。 最近では、区内の中高生による落語会やビブリオバトルなども行っています。 一方で、館内において各種イベントを企画する「ひきふね図書館パートナーズ」には、近所付き合いを大切にしてきた下町っ子ならではの気質が垣間見える。

どちらも、図書館との接点が深いイベントであるが、この取り組みは全国で注目され、ひきふね図書館でも意欲的に取り組んでいる。
ふ ね 図書館 ひき

🖖 「図書館は知の宝庫」 図書館は地域の知の宝庫であり、情報の拠点です。 イベントは盛況に実施することができましたが、その後の課題となったのは「組織化」でした。

17
本年もひきふね図書館パートナーズを よろしくお願いいたします。 ビブリオバトルや、オススメ本のPOP製作、 葛飾北斎ってどんな人?のパネル製作をしました。
ふ ね 図書館 ひき

😭。 概要 墨田区立ひきふね図書館は、寺島図書館とあずま図書館が統合移設し、平成25年(2013年)4月1日に開館しました。 ご協力お願いいたします。

9
ひきふね図書館パートナーズとは? 「街と図書館をつなぐ!ボランティア集団」 我々の団体名には「ひきふね図書館」という名前が入ってはいますが、「図書館」というハードウェアではなく、ソフトウェアです。 このモデルを今後、全国に広げていくのが次のミッションだと考えています。
ふ ね 図書館 ひき

☢ 3.中学生の活動 中学生版パートナーズのおもてなし課では、 同世代の中学生や小学生に図書館の楽しさを 知ってもらうために自分たちで考えて活動しています。

6
我々の強みである民間の力を、自由に発揮させてもらっています。 ここでは、主に企画のアイデア出しが行われ、基本的にボランティアが自由に企画実施をして良いということでした。
ふ ね 図書館 ひき

🤩 今年も、5月頃開講予定です。 これまでに、館内での「ぬいぐるみお泊まり会」や「コンサート」、大人を対象とした「絵本読書会」など、区民の視点で考えたユニークな催しを実施してきました。

14
ここもポイント!~すみだゆかりの人物コーナー 芥川龍之介や永井荷風など、すみだにゆかりのある文豪の著作や資料が紹介されているコーナーも設置。