ピン g410 アイアン。 G425とG410アイアンをちょっと打ってみました。

アイアン ピン g410

💕 G25は3番からLWまで11本なんですが、 G410は4番からLWまで10本で済むのでその分もう1本入れることが できます。 独自の思想で、他社にはないサービスを行っているのが、ピンのアイアンのポイントといえるでしょう。

5
しっかり継承しつつ、重量配分を見直しているようです。 PRO MODUS 3 TOUR 120 DG EX TOUR ISSUE 素材 スチール スチール スチール スチール スチール フレックス - R S R S X S X S200 X100 重量 g 68. フェースのどの部分に当たってるのかはわかります。
アイアン ピン g410

😊 先代「G400」は飛距離設定がコースボールでもMAX165yでしたからね。 G30以降いろいろと試打していますが、G410はとても良かったです。 先代よりもオートマチックにつかまるイメージでしたね。

1年前の試打で総重量もやや重めでしたが、それでもこれだけの飛距離を記録すると、ちょっとうれしかったりして! 標準より5度アップライトなマルーンのライ角のため、8番以下ではつかまりが良すぎることと、フォーティーンのウェッジとのライ角やロフト角のつながりが悪いのが悩みでした。
アイアン ピン g410

💕 標準、シャフトスペック アルタCBレッドグラファイト SR 65g R 72g S 82g AWT 2. 0シャフトはNippon(日本シャフト)製だ。

8
とにかく抜けがいい!ザックリ、トップしにくくキレイにボールを拾えます。 素振りしてみると、かなりシャープに振れそうな雰囲気でした。
アイアン ピン g410

💅 なかなかのアイアンですな! 出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー系。 エラストマー・アルミ・3Mテープの3層構造で前作比約2倍の衝撃吸収効果 特徴その1:ピン(PING) G410アイアン CTPを廃し、より大きくフェースをたわませて飛ばす構造に進化。

5
G410のアイアンでは、アイアンを小さくして寛容性を高めることはできないという考えに挑戦しました。 特に、これからゴルフを始めるといった初心者さんにとって、やさしいクラブですね。
アイアン ピン g410

💋 スペックは、ロフト角30度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量410. フェースはセミラージ。 バックフェースには、前作比で1. カーボンシャフトの方が、金額が高価になることが多くなります。 5、12度とロフトバリエーションも豊富で、あらゆるゴルファーが使えるモデルだ。

では、アイアンはどうなのか!? 同シリーズ「」を今回もヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が試打し、評価した。 その点で言うと、改良されたフェースとキャビティー構造(CTP(カスタム・チューニングポート)のウェイトはなくなった)によって、ティップ(ホーゼル)とトゥに再配置されたウェイトが機能し、G400よりもMOIが8%向上している。
アイアン ピン g410

☺ しかし高さはしっかり出ます。 さらに、次世代のCOR-Eyeテクノロジーを階段状のバックフェースとディープレールアンダーカットに組み合せることによって、ボールスピードが速くなり、ボールの最高到達点も高くなる。

12
PRO 950GH neo」、 シャフト硬度「S」 ゼクシオ5からの買い替えです。
アイアン ピン g410

😒 アウトサイドから擦っても、ほぼストレートボールです。 よりシャープな見た目に• そんな素直な特性を持っていて、それが市場に受け入れられたため、ロングセラーを続けているのだと思っています。

13
25 35 G400アイアンのスペック表 番手 4 5 6 7 8 9 PW UW SW LW ロフト角 度 20. ショートアイアンはややブレードを短くしてシャープに振れるよう設計。 Ping ピン G410アイアン Ping ピン のエンジニアリングチームは、G410アイアンにフェースとキャビティの構造を作り、より速いボールスピードを実現し、フェース重量をできるだけ制限してフェース周囲の重みを広げました。
アイアン ピン g410

💔 試打 測定 弾道測定器と使用ボール 測定で使用した弾道測定器はSKYで、ボールはブリヂストンのレンジボールです。 今春発売した話題作の中でも、1、2を争うほどヒットを飛ばしているピン「G410」シリーズ。 0スティール R 98g S104g XS 119g Gシリーズアイアンに期待する寛容さを満たしつつ、ヘッドサイズを小さくすることによって、より幅広いプレイヤーに視覚的により魅力的にしたのが、今回のピンG410アイアンとなります。

19
G410アイアンに比べてスピン量が減り、コントロールされたドローでピンにむかいます。